8時間労働やめてみた

8時間勤務で手取り19万って鬼畜すぎ…!と思って会社をやめたら天国のようなハッピーライフが待ってた。 注※稼ぐ方法やノウハウを発信するブログではありませんm(__)m

クラウドワークスでライターしてみた【独立日誌⑩】

f:id:taobro:20180108224132j:plain

自分が関心のあることであれば、楽しく記事を書くことができるんじゃないか?

と思い、今度は「クラウドソーシング」というサービスで記事を書いてみることに。


クラウドソーシングとは、ネット上で不特定多数の人に業務を発注している、いわば「フリーランサー専用求人サイト」です。

 

仕事の内容は、簡単なコラム記事、ブログ記事のライティング業務からウェブ開発、ホームページ作成、ロゴ作成、バナー作成、データ入力や翻訳・通訳等様々あり、

それら数多くある求人から、自分がやりたいと思う仕事に応募し、クライアントと簡単にやり取りをして業務を行うというもの。


その成果物の対価として、クライアントから報酬を受け取るという仕組みです。

 

その報酬のうちの20%くらいはそのクラウドソーシングサイトに手数料として持っていかれる仕組みとなっています。その手数料を利益とし、仕事を受注したい作業者と、仕事を発注したいクライアントをマッチングさせているという構造らしい。

 

早速、以前から気になっていたクラウドワークス」というサイトに会員登録し、どういった内容の仕事があるのか一通り見てみました。

f:id:taobro:20180108224347j:plain

 

そこで、こんな求人を発見!

f:id:taobro:20180108222032j:plain


自分の大好きな海外サッカー、漫画に関するコラム記事のライター求人を見つけちゃいました!
1記事あたり1000文字、1000円。文字単価1円という内容。
他の案件に比べて、かなり単価も良い方だったので、早速応募してみました。

 

すると後日、クライアントさんから「サッカーか漫画どちらか好きな方を1記事テストで書いてみてください」という連絡が来たため、欧州サッカーのコラム記事(1000文字)を1記事トライアルで提出しました。


その結果。。。


見事合格!


翌日から、毎日5記事のサッカーコラム記事を納品する生活がスタートしました。

普段から週に2~3試合、ハイライトは50試合分程見るくらいサッカーが好きなんですが、それらの試合をチェックしたあとに、簡単なレビュー、コラムを書いてました。

 

なにより、好きな分野で記事を書いて報酬を得るということがとても新鮮でしたね。今までサイトアフィエイトで自分の興味のないジャンルを無理やり勉強して書いたりしてたんで…。

 

1記事当たりの所要時間は20分程度で、5記事だと2時間ほどで完成します。

これなら1日2時間の作業で15万円手堅く稼げるな~ということで、しばらくこの生活を続けてみることにしました。

 

続く。