8時間労働やめてみた

8時間勤務で手取り19万って鬼畜すぎ…!と思って会社をやめたら天国のようなハッピーライフが待ってた。 注※稼ぐ方法やノウハウを発信するブログではありませんm(__)m

【書評】群ようこ「れんげ荘」「働かないの」

f:id:taobro:20180128033139j:plain

大リスペクトの大原扁理さんがYOUTUBE動画でおすすめ書籍として紹介してた、群ようこさんの「れんげ荘」。店頭でなかなか見つけられず通販で注文して読んでみました。

 

45歳独身バリバリのキャリアウーマンが突如会社を辞めて、貯金から月10万円を切り崩しながらボロアパート「れんげ荘」で生活をする話。

物語に起承転結はなく、ただただボロアパートとか図書館とかカフェで静かな時間が流ていくだけ。ただ、れんげ荘の住人とのほのぼのとした人間関係が絶妙な距離感でこれまたいいんですよ。

 

世間一般の物差しを完全に無視して自分の価値観の中で生きていく主人公キョウコさん、爽快です。コンビニ人間にちょっと近い読後感がありました。性別、世代、環境は違えど楽しく読めました。


で、「れんげ荘」の続編が、「働かないの」(笑)

無職独身キョウコは相変わらずボロアパートれんげ荘で悠々自適に生活してました。

図書館でしこたま本を借りたり、近所散歩したり、カフェで見かけたおばさんの刺繍作品に魅了され突如刺繍を始めてみたり、、大したコストをかけずに趣味に没頭して人生を楽しんでいるのがなんかいい。楽しそー。

やはりストーリーはあってないようなもので、ただただほのぼのとした生活がゆっくり過ぎていくだけ。

「やりたくないことをやらない生活」を徹底して貫くキョウコは一見怠惰に見えるけど、ここまで意識的に貫いていたらもう気持ちいい。改めて幸福ってなんやろう?って考えさせられました。

このシリーズ続刊が出ないかな~